このメニューではカード不正トラブルについてお届けしています。

ネット利用で注意するべきこと


ネット利用で注意するべきこと
クレジットカードのような機能で実は全く異なるのがデビットカードであり、自分の銀行口座から即日引き落としされます。
後払いが嫌だ!っという人は、世界各国で使用出来る国際ブランドと提携したデビットカードがオススメです。 クレジットカード本体が手元にあることから請求書が届いて初めて不正利用されたことに気が付くことになります。
またクレジットカード本体が手元にある場合におきましては保険が適用されないケースもあるのでご注意ください。クレジットカードのスキミングというのは磁気ストライプの情報をこっそりと盗み出し、フィッシングというのはカード番号やパスワードをホームページを偽造して盗み出す犯罪となります。
このようなネット不正の特徴は発覚までに時間がかかってしまうという欠点があります。インターネットショッピングが普及してきた現在、カードの不正利用もクレジットカード本体ではなくクレジットカード情報を盗む手口が増えてきました。
連日のようにカード不正のニュースが流れ驚かれている人もいることでしょう。



ネット利用で注意するべきことブログ:2018-03-12

お子さんのころ、ママから
「食べ物を食べる時にはきちんと噛みなさい」と
言われたことはありませんか?

よく噛むことで、食べ物が細かくなりますから
消化器官への負担が軽減されるというメリットがあります。

また
よく噛むことは、
減量にもつながっていくそうなんですよね。

噛むことと減量をつなぐカギは、
満腹中枢にあります。

食べる事をし始めてからしばらくたつと、
満腹中枢というところから
「お腹いっぱい」という信号を発します。

すると、「お腹いっぱい」という信号が脳に伝わり、
私たちの身体は満腹感を感じることができるわけです。

ところで、この満腹中枢ですが、
食べる事をしてからしばらく時間が経過をしないと
信号を発さないことが分かっています。

個人差はありますが、
たいていは20分前後で信号を発するといわれています。

ですから早食いで、
20分以内に食べ終わってしまうと、
どこかお腹が物足りなかったりするんです。

一方、
20分以上、じっくりと時間をかけて食べる事をすれば、
少ない量でもお腹が満足します。

だから、ゆっくり噛むという行為が重要なんですね。

ゆっくり噛むことによって、
その分食べ物を飲み込むまでに時間がかかります。

ということは、少ない食べる事量であっても、
十分に満腹感を得ることができるようになるわけです。

噛む回数を増やす方法は、いくつもあります。

ゴボウなどのかたい食材を多く取り入れると、
どうしても噛み砕くのに時間がかかります。

また、食べ物をくちに運んだら、
いったん箸を置くという方法も有効みたいですよ。
箸をいちいちおくことで、その分噛む回数が増えてくるからです。

明日はいい日かな~
ネット利用で注意するべきこと

ネット利用で注意するべきこと

★メニュー

ネット利用で注意するべきこと
ポイントプログラムでクレジットカードを比較
クレジットカードで資金調達も出来る
審査をする必要が無いデビットカード
国際的にライフカードは利用可能
さくらカードは女性に人気
飛行機利用が多い方へオススメ
女性しか持つことの出来ない特殊なクレジットカード
クレジットカード世界最高峰ステータスと言えば
シナジーJCBカードでガソリン代がとってもお得


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)お得な最新クレジットカード情報